安心して働けるデリヘル店はこうして見極めよう

安心してデリヘル店で働くために

>

情報収集はしっかりと

いい店・悪い店

デリヘル店の種類は実にさまざま。どこも同じでは?と考えて、給料などの金銭面からだけで働く店を判断してしまうと、後で後悔してしまうこともあります。
まずは自分のステータス、働く環境の希望などを見直しましょう。
自分が採用されやすい店と、自分が働きたい店は異なる場合があります。この二点がマッチングした場合、よく下調べをしたうえで採用に向けて動き出しましょう。
仕事内容はどの店でも大差はありません。
また、アリバイ会社というものがあります。周りにばれずにデリヘルで働きたい、という方向けのバックアップをしてくれる環境が整っている方がいいですよね。
このサービスがあるかどうかということもチェックポイントでしょう。

大衆店・高級店

デリヘル店には大衆店と高級店が存在します。働くうえでも、二つの違いはあります。自分に合った働き場所を見極めるために、二つの相違点を見ておきましょう。
大衆店では採用の募集数が多く、比較的簡単に採用されることが多いでしょう。一般男性をターゲットとしていることが多く、その点で高級店とは異なります。
高級店は採用基準が大衆店よりは厳しくなりますが、ターゲットは基本的に富裕層となっています。固定客なども大衆店よりも多いでしょう。
また、衛生面に関しては、高級店である方がバックアップがしっかりしているといえるでしょう。
定期的な性病検査などがある場合もあり、予防がしっかりしている高級店は多いです。
つまり、より安心して働けるのは高級店のようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る